夫、コロナ感染。


と言っても、感染が判明したのは先々週のことで、5日間自宅療養した後、連休明けから出勤しています。


熱で辛そうだったのは2日間。

発熱の他は倦怠感くらいで、咳の症状もありませんでした。


先々週、夫は夏休みを取っていました。

日程の相談とか、私には何もないままの夏期休暇取得。

ちょとムッとはしたけれど、どこかに一緒に行きたいとかもないし、勝手にすればいいじゃん。


で、本当に夫は、勝手に夏休みを満喫していたようです。

ちなみに私はほぼ出勤。


夫の夏休み最終日は、私もお休みだったので

いつもはできない夫の部屋の大物の断捨離を一緒にしようと思っていたら


リビングにいた私のスマホに2階の部屋にいる夫から電話。

“オレ、コロナだ。キットで陽性だから”と。


え?!

たった今、お昼ごはんを食べたじゃん!

炒飯と餃子を普通に食べたよね?


聞けば、朝から具合が悪かった、と言う。

確かにダルそうだったけど、ダルそうなのはいつもだしね…



取り急ぎ、近所のクリニックへ予約を取り

“さて、どうする?”と考えました。


5類になったとは言え、私の勤務先は大学病院。

今現在の決まりごとはどんな感じ?

私が感染したら?

感染しなかったら?


グルグル考える私をよそに、

“熱が辛い”と言いながら何だか呑気な夫😓



さて、近所のクリニックで診察を受け帰宅した夫。

玄関で“やっぱりコロナだった”と言い、まさかのノーマスク!


意識低いなー

辛いんでしょ?

私にも辛い思いさせたいですか?


言いたいことは山ほどあったけれど、体調不良は気の毒なので、とにかく隔離するのみに。



結局、夏休み最終日に感染発覚で

翌日はコロナで休むって

私の大嫌いな行程を踏んだ夫。


私は感染することもなく、ちょうど自身のお休みや土日と重なった為、職場に迷惑をかけずに済みました。


が、一段と夫への不信感は増す私。

何だか色々無責任なんだよな~



夫の自宅療養中、外出を自粛した私を

ワンコがただただ癒してくれました。


“ママ、今日もボクとずっと一緒にいるの?”

って嬉しそうだった、ような気がします🙂

nice!を連打したい。


何をしていても、何だか苦しい日々が続いて。

理由は分かっていて。


弟夫婦のワンコの事。

“幸せをいーっぱいもらいました!”って

笑顔で義妹は話すし、

“頑張りやさんで可愛かったな~”って

弟も幸せそうに話すのです。


私だけ引きずっているみたいな。

いや、もちろん弟夫婦も元気なワケじゃないですけど。


私は、いつものワンコとの散歩も悲しい。

“永遠はないんだな”って。


息子は

“今を大事にすればいいんだよ”と言い

娘も

“その日その日を楽しんでね”みたいな事を言います。


分かっているんだよー、そんな事!


そんなこの頃、ペット関係の

“あー、そうだよね”とか

“あ、そうなの!?”とか。


ペットには関係なくて

ワンコの事忘れるような

“アハハ!”って笑っちゃったり


“私も同じー”って

ご家族の話題だったり


そんな皆さんのブログに助けられています。

nice!を連打したいです🙂


頑張った妹ワンコと

淋しくなったであろうお姉ちゃんワンコに

どうしても何かしたくて用意したら

弟夫婦は喜んでくれました。


黄色とかオレンジが似合う妹ワンコでした♡

心に穴が空いたまま。


弟夫婦のワンコ達の最善を願いながら過ごした先週、お姉ちゃんワンコのオペは無事終了で

妹ワンコも自宅で穏やかに過ごしている、と連絡が有り

ちょっぴり安心していたのに。


土曜日に妹ワンコにお別れをして来ました。


庭に咲いているお花を、義妹が上手に妹ワンコのまわりに飾っていて

妹ワンコは、スヤスヤ眠っているだけのように見えて

美しくて可愛くて、そしてすごく満足そうな表情でした。


頑張ったね、えらかったねって

沢山ほめてあげたかったけど

声にはなりませんでした。


入院中のお姉ちゃんワンコには会えないままの最期になってしまったけれど

弟夫婦をひとりじめ出来て幸せもあったのかもしれません。


弟夫婦のワンコになった時が5才。

それから5年。

早すぎて短すぎるけど。


色んなことを教わりました。

妹ワンコを取り巻く弟夫婦とお姉ちゃんワンコから。


わたしは強く生きる妹ワンコのファンだったのだ、と改めて思います。


ずっと心にポッカリ穴が空いたままの日々を過ごしてしまっています。